プロジェクト・グーテンベルクによる電子書籍化作業の変化

電子書籍化

電子書籍化について

プロジェクト・グーテンベルクによる電子書籍化作業の変化

プロジェクト・グーテンベルクによる電子書籍化作業は手作業によって進められてきましたが、スキャナなどが普及してきたことによって電子書籍化の作業効率が大きく改善されることとなりました。
テキストの収集量が増えるにつれボランティアスタッフの方も増え、2000年にはNPO法人プロジェクト・グーテンベルクも設立されています。
必要となるテキストの校正についても、ウェブサイトとして『Distributed Proofreaders』が開設され、インターネットを介するかたちで多くのボランティアの方に作業を担当してもらうことのできるシステムができあがりました。
そこでさらに、電子図書館としての『蔵書』の量が増えることにもつながりました。
電子書籍化のサービスが推奨される理由はここから学びましょう。

丸橋賢

中央出版

中央出版

中央出版

中央出版

関連情報一覧

プロジェクト・グーテンベルクで電子書籍化されたテキストの数

プロジェクト・グーテンベルクにおいて電子書籍化されたテキストの数は膨大なものとなっていて、1971年

プロジェクト・グーテンベルクが電子書籍化をする意義

プロジェクト・グーテンベルクはまさに、電子書籍化をその目的としている取り組みです。
電子書籍化

プロジェクト・グーテンベルクの電子書籍化作業と著作権

プロジェクト・グーテンベルクでは、電子書籍化の作業を慎重に進めています。
テキストの公開はアメ